アロワナを飼育する水槽のサイズについて

アロワナを飼育する水槽について書きたいと思います。

実際のところうちにいる金龍は120cmのアクリル水槽で飼育をしています。

金龍はそんなに大きくならないので、個人的には120cm水槽で十分かと思います。

基本的に水槽で飼育するにあたってはそんなに大きくならないです。

おおよそ今の体調で55cmあるかないかくらい。

最初は180cm×90cm×60cmの水槽も持ってましたが、マンションの部屋に入らないため断念。

重さも1t。

ヤフオクで売り飛ばしましたが、かなりいい金額で売れたのは内緒です。

アロワナを飼育するにあたって必要な水槽の大きさ

2013年に飼育し始めました。

当初は20cmくらいの幼魚だったので、90cmくらいの水槽で飼育をはじめました。

アロワナ 90cm水槽

90cmの水槽はなかなか小さくて無理でした。

最初の方はものすごく良かったんですけども、アロワナは体の硬い魚なので、おおよそ40cmを超えたくらいから、大きくなるにつれてターンがしづらくなってくるんですね。

頭と尻尾が水槽の前後にあたるような状態。

つまり奥行きが足りなくなってきます。

ターンがしづらくなって何が困るかというのは、エラがめくれてくるということ。

小さい水槽のときはエラがめくれてきていました。

で、2015年から使っているのが120cm×60cm×45cmのアクリル水槽です。

2年使いましたが、金龍はこれ以上大きくならないと思いますし、十分かなと思います。

奥行きが60cmというのが一番必要なんじゃないかなと思います。

ただ、紅龍は水槽で飼育をしていても体調が70cmを超えてきますので、やはり180cm×90cm×60cmの水槽が必要かと考えています。

なにより、魚が窮屈なところは避けたほうがいいので、住宅事情も考えながら、120cmの水槽にしました。

まだ大きくなるようでしたら、エラがめくれてくるので、150cmや180cmの水槽にチェンジしようとも思っていましたが、120cmの水槽で2年飼育して、今のところは問題がなさそうです。

盆栽飼育だとか言われ、賛否両論ありそうですが、今のところ金龍は120cm×60cm×45cm、紅龍は180cm×90cm×60cmの水槽が最低ラインかなと考えています。

by カエレバ

にほんブログ村

いつもブログをご覧くださいましてありがとうございます。

アジアアロワナの飼育記録ブログは、にほんブログ村の「アロワナ」カテゴリーのランキングに参加しています。

このブログを運営していくために、応援よろしくお願いいたします!