クレストフリーク レッドバル、餌付けに挑戦

うーん、単体ではやっぱり食べません。

クレストフリークレッドバル。

どうしてもレッドバルだけで食べさせたいのですが、単体で折らずに与えるとがじって吐き出します。

クレストフリーク レッドバルを試してみたらヒレが結構赤くなった

レッドバルだけをあげ続けていますが、折らずに単体で与えるとちょろっとかじって見向きもしない状況が続いています。

それでも乾燥エビとレッドバルを折って与えた時は2/3程度は食べてあとは吐き出すような感じです。

吐き出したものは当然浮いてたり、底に沈んだり。

本当に食べ残しが浮いている状態が虚しくなります。

何故食わぬ。

ぐぬぬ。

お腹は減っているはずなので、このまま食べるまで与え続けてみたいと思います。

ちなみに今日は7日目。

間にちょっと乾燥エビを与えてみたのですが、腹が減っているのは間違い内容で、そちらはがっつきますし、折ったレッドバルはちょっとずつ飲み込んでいるようです。

ただ、もうこのサイズ(50cm超え)になると折らずに食べることができるはずなので、折らずに与えます。

折らずに与えて飲み込むまで続けます。

アロワナとの根比べです。

今日から絶対にレッドバル以外は与えません。

カーニバルを与えた時はエビも与えていましたが、今回はそんな甘いことはしません。

いろんな文献によると30日ほど絶食しても平気だそうなので、とことんまで追い詰めてやろうと思います。

さーて、何日目で食べるようになるかが楽しみです。

by カエレバ

にほんブログ村

いつもブログをご覧くださいましてありがとうございます。

アジアアロワナの飼育記録ブログは、にほんブログ村の「アロワナ」カテゴリーのランキングに参加しています。

このブログを運営していくために、応援よろしくお願いいたします!